ささみの燻製、侮るなかれ。

ファッションを中心に、思ったこと

zozosuitはすごいぞ。

みなさんzozosuitは注文しましたか。送料込み200円なのでまだの人は今すぐポチってください。

 

もくじ

すごいzo

そんなにすごくないかもしれないzo

やっぱり便利だzo

 

 

•すごいぞzozosuit

 

まあそもそもzozosuitを作ったスタートトゥデイがそれでなにをやりたいかというと、客の身体のサイズがわかるようになればそれにあった服を提案できるようになるので、客も楽に自分に合うものを買えるようになるし店も売りやすくなるわけです。

 

例えば「今日なに食べたい?」「えーわかんないなんでもいいよー」「えーどーしよー」みたいな会話は世界各地で繰り広げられ、時にはそれを原因に紛争が勃発したりしていますが、そこでAIが「お前が今食べたいのはこれだ」と教えてくれるような感じです。世界平和に繋がるイノベーションだと思いませんか。今すぐにzozosuitを注文しましょう。

 

(ぼくの説明は大変雑であり、zozosuitのなにがすごいか、をわかりやすく図で解説している人が何人かいらっしゃるので、ここで紹介させていただきます)

@watari_unilabo さんより

https://twitter.com/watari_unilabo/status/933220424346775557

 

@kobaka7 さんより

https://twitter.com/kobaka7/status/933236607393472512

 

要するに顧客情報があれば強いぞ、ということです。アマゾンやグーグルも顧客情報が溢れているので強いらしい。

 

•そんなにすごくないかもしれないぞzozosuit

 

ところで、もちろんzozosuitに懐疑的な意見もたくさんあり、ぼくも実際zozosuitでサイズ情報がわかったからといってたぶんzozoではあんまりお買い物しません。なぜなら服にはサイズだけでなくデザインがあるからです。色や素材ももちろんのこと、そのデザインの裏側にあるカルチャーがあります。いくらサイズが合っていても、ダサいと思うものを提案されても困ります。

f:id:numenumenumetakun:20171124115958j:image

その辺は購入履歴などである程度カバーできていくのかもしれませんが、ふと違うものにチャレンジしたくなったり、見たことないけどこれはすごい好きだみたいな服の出会い方は無くなるでしょう。

先ほどの例で言えば、zozosuitが現状教えてくれるのは何が食べたいか、ではなくどのくらい食べられるか、程度なのです。「おまえはいまこれくらい腹が減っているので、適量を出してくれる店はこれだ!」と言ってくれます。しかしそのあとラーメンをくうのか寿司をくうのかは自分で決めなければいけません。行ったことのないけれどもしかしたらめちゃくちゃ好みかもしれないベトナム料理屋はサジェストされません。世界平和は遠いことがわかります。

 

•やっぱり便利だぞzozosuit

 

じゃあなんに使えるんだ、というと、とりあえず食べなきゃいけないけどハズレ引きたくない時に大変便利なのです。

べつに最高の体験しなくていいから腹満たせたらいい、そんなときに無難なメシ屋がすぐ見つかればうれしい。

服もメシも嗜好品としての側面が強いイメージがあり、本当に好きなものを機械ごときにわかられてたまるかという感じですが、一方で生活必需品でもあるのです。

メシを食わなければ死に、服を着なければ社会で死にます。

ただ、必需品なのに選ばないとデメリットがあるのが服もメシも面倒なところで、極端に言えば160センチしかないのにLサイズのシャツを買ったり、少食なのに大盛りを頼んでしまうと悲しい結果が訪れるわけです。

それをzozosuitが解決してくれる(はず)。

下着類とか白シャツとかビジネススーツとか、あるいはシンプルなチノパンとか、ベーシックでなければならない必需品としての服をストレスなく買えるようになる。これは大変喜ばしい。特に、服を選ぶのが億劫だったりとか、興味ないし考えたくないとかいう人にとって抜群の便利さを発揮するのではないでしょうか。これちょっと世界平和です。zozosuit注文しよう。

 

AIに嗜好品までも提案される時代にほんとうの幸せがあるのかは考えものですが、願わくば、より多くの人に訪れるようzozosuitのさらなる発展を期待しています。

 

ていうより、服を買う時のネガティブな面が減るのでいろんな人が服を楽しむキッカケになったらいいな〜って、これはちょっと真面目に思っています。

 

というわけで久しぶりにファッションの話でした。

 

 

ごしちごしちしち

寒いねとかじかんだ手でメッセージ君の居場所も寒いといいな

 

 

漠然と将来のこと考える残った道はたったこれだけ

 

 

「この服はもう着ないから」「えっなんで」「前の彼女がくれたやつだし」

 

 

就活といふ営みの正体は他の未来を塗りつぶすこと

 

 

活躍をお祈りしますとまた一通塵も積もれば病とかわる

 

 

いれたての紅茶を冷ます口元を見つめる僕を見て笑う君

 

 

財産も地位も名誉も無いけれど満たしてくれるあなたもいない

 

 

この駅で普通列車に乗り換える地図を指差す君に釘付け

 

 

伝えたいたったひとこと先延ばし今日も寒いね、なんて言ってる

 

 

着古したコートのほつれそういえばあの日は酔って歩いていたな

 

 

みんなもう離れ離れになっちゃうし最後一緒に酒でも飲もう

 

 

スタバにてマックを開くそこの君どうせやるなら2chは見るな

 

 

もうきっと夢を見るには遅すぎるからこれからは叶えていこう

 

 

五七五七七

くらやみをじっとみつめる午前四時人ですらない物体として

 

 

手招きをしている未来どこにでもいけるだろうか十七の夏

 

 

本棚の奥にしまった日記帳ああそうだった夢は社長だ

 


安っぽい自己啓発本第七章背筋をのばせたしかにそうだ

 


リサイクルショップに並ぶなんとなく悲しい顔の$3のクマ

 


もうみんな弁証してるまだアウフヘーベンしてへんのはおまえだけ

 

 

本当は応援なんてしてないの嘘をついてでも側に居たかった

 


授業中親指の爪たまる垢シャーペンの芯でそっと掻き出す

 

 

しとしとしとポツポツポツポツザアザアザア君といた場所ポツリとひとり

 

 

夢失くし酩酊の中対峙する絶えず脈打つ醜い心臓

 

 

アイドルの動画なくして人生は腹の潰れた蛍とおなじ

 

 

ゴミ箱を漁るカラスに石を投げ人の尊厳取り戻せたか

 

 

ミサイルで全部終わってしまうまで君と左手繋いでいたい

 

 

あとはもう崩れさるだけ19で綺麗なものは見尽くしたから

 

 

好きなもの、好きだったもの2017時点(必ずしも詳しくはない)

 (思い出し次第追加する方針)

音楽

邦ロック(ポストロック、シューゲイザーオルタナ) アジカン くるり バンプ ラッド 椎名林檎 東京事変 東京カランコロン 古川本舗 大森靖子 クリープハイプ 米津玄師 サカナクション シェフクックスミー たま チャットモンチー きのこ帝国 スクールフードパニッシュメント アンディモリ 銀杏ボーイズ サンボマスター フジファブリック 物語はちと?不安定 風をあつめて 女王蜂 神聖かまってちゃん 

ラップー ダヲコ クリーピーナッツ トウフビーツ 鎮座ドープネス モロハ リップスライム 

エレクトロニカ レイハラカミ インザブルーシャツ

ノイズー メルツバウ 非常階段

ボカローピノキオP ただのCo  ナカノは4番 石風呂 lumo 椎名もた atolsササクレUK ヲワカ ねこぼーろ capslack イチクラ 島爺 40mp

アニソン

洋ロック OASIS QUEEN アンディグラマー

ポップ MIKA ミスチル レキシ aiko Bank Band 清竜人 矢野顕子

その他— lunasa  

 

アート

絵画 (印象派、抽象、表現主義、前衛、シュルレアリスム) ジョンシンガーサージェント モネ ルノアール ドガ モリゾ ゴッホ ウィリアムターナー ウォルターシッカート マチス クレー クプカ ダリ エルンスト マグリット ピカソ ミロ ピカソ

現代アート 草間彌生 ゲルハルトリヒター ニックケイヴ オーキーフ ホッパー デビッドスミス 

アールヌーボー クリムト ビアズリー ミュシャ

彫刻 ヘンリムーア ジャコメッティ アルプ 

イラストレーター 豊井、中村祐介

 

食べ物

芋ようかん 生ハムメロン ラーメン クリームチーズ いぶりがっこ お茶漬け ゆば 湯豆腐 日本酒 新政 ひでよし まんさくの花 明太子 スルメイカ キャビア かき氷 寿司 生和菓子 

 

漫画

児童 デンジャラスじーさん 宇宙人田中太郎 ケシカスくん ドラベース まんがひみつシリーズ

少年誌 ブリーチ ナルト 僕のヒーローアカデミア ハンターハンター 金色のガッシュベル 魔法陣グルグル るろうに剣心 シャーマンキング スケットダンス ギャグマンガ日和 スラムダンク 荒川弘  鳥山明 尾田栄一郎

青年誌  阿部共実 20世紀少年 浅野いにお モテキ 藤子・F・不二雄 あずまきよひこ 松本大洋 進撃の巨人 僕だけがいない街 西島大介 宇宙兄弟 東京グール

少女漫画 ろびこ  ラブコン 君に届け 羽海野チカ

レディコミ ねむようこ  ジョージ朝倉 中村明日美子 いくえみ綾

その他 左ききのエレン ヘルク 手塚治虫 亞さめ 日常 志村貴子 ゆゆ式

 

アニメ

プリキュア スマイルプリキュア 化物語 キルミーベイべー 千と千尋の神隠し 風の谷のナウシカ ハウルの動く城 もののけ姫 トイ・ストーリー3 トムとジェリー カートゥーンネットワーク おるちゅばんえびちゅ まどマギ あの花 けものフレンズ エヴァ

 

ゲーム

ゼルダ ポケモン ポケモン不思議のダンジョン モンハン マザー123 カービィ スーパーマリオ スマブラ エアライド アップルストアの100円のクソゲーたち ロックマンエクゼ 遊戯王 ディエルマスターズ ポケモンカード こおりオニ ソニックアドベンチャー2  FF外伝光の四戦士 ドラクエFE覚醒 ピクミン スプラトゥーン ベイブレード

 

ファッション(モード、ヴィンテージ)

マルジェラ ギャルソン ステファンシュナイダー アンリアレイジ kolor バレンシアディオール レーベルアンダーコンストラクション エドウィナホール マーガレット・ハウエル J.M.ウェストン フラボア

 

大衆 石田衣良 重松清 西尾維新 星新一 角田光代

児童 エリックカール レオレオニ ズッコケ三人組 エルマーのぼうけん ダレンシャン 五味太郎 

 岩倉文也 谷川俊太郎 

雑誌 カジカジ スマート mdn 

 

勉強

                社会 ジェンダー学 メディア マーケティング 倫理 

 

風景

夕日 木 川 鳥 蝉 花 滝 ビル 街 夜景 電柱 犬 猫 アントワープ ロンドン パリ シカゴ ベルン 大阪 秋田 ウィノナ 文化祭 学祭 かめ 爬虫類 海 風鈴 図書館 古着屋 雑貨屋

 

インターネット

                ツイッター 借金玉 さめほし きゃらあい まくるめ ふある 

ニコニコ動画 うんこちゃん ペリカン ランドセル ひよ ぬどるふ すば がっとれー シン 幕末志士 ニコニコ動画流星群 MAD動画 MMD とさい RTA  ワンボキ

フェイスブック mixi おもしろフラッシュ倉庫

 

芸能

                演劇 一色洋平×小沢道成 柿喰う客 虚構の劇団 野田秀樹 

その他    スクールオブロック でんぱ組 ねむきゅん ガッキー 小松菜奈 モトーラせりな 星野源 東京ゲゲゲイ アヤバンビ 糸井重里 秋元梢 ラーメンズ 吉岡里帆

 

モノとか レゴ ギター フォント スパイクの靴 iPod touch 革製品 

スポーツ 陸上(400m) サッカー

アウトプット ブログ ツイッター 水彩画 アクリル 鉛筆画

服を着ることのメリット

人間は服を着なければならないとされています。

 

試しに全裸で外に出てみていただければわかると思いますが、社会は服を着ていない人間に厳しい。しかも、ただ服を着ればいいわけではなく、空気を読んだ服を着ていないと法が許しても社会は依然として厳しく当たってきます。パンツ一丁に「違法ではない」と書かれたプレートを掲げて歩いていれば、周囲からの軽蔑と好奇の目にさらされることになるでしょう。

例が飛躍していますが、社会人が一般にスーツを着用するなど、社会の一員としての表明は、言葉よりも外見が多くを語ります。TPOをわきまえる必要性がどこまであるかは考えものですが(髪を黒染めさせる学校が問題となっています)、多様であることと構成員の一員であることを、特別な理由がない場合はうまく折り合いをつけていくのが生きていく上で大切になってきます。

 

こういった社会=人間集団、における規範のネガティブな面がよく取り上げられますが、服を着ることには意味があり、スーツは社会の中にいる表明をしてくれ、ARMYと書かれたTシャツは任意の軍隊に所属している表明になります。

集団に所属している、という表明は社会という枠組みでは最低限求められるところですが、逆手にとって好きな文化に手を伸ばしたいときにも大変有効なのです。

好きなバンドのボーカルのファッションを真似たい気持ちなどを想像していただければ幸いです。椎名林檎が金髪にしてるから金髪にしたいという欲は万国共通でしょう。野田洋次郎みたいななんか黒い長い服を着ていたら、「おっ、RADファン?」と声をかけてみたくなります。かけませんが。

 

前回の記事でファッションは文化を身につける楽しさがある、と書きましたが、それはTPOを踏まえることで文化の中に溶け込むことができる心地よさがあるからです。

 

sasamikunsei.hatenablog.com

そうすることで好きな文化の一部になれるのがファッションです。人は聞かれてなくても自分のことを話したがりますが、何も言わずとも、しかも

うわっこいつめっちゃ語るやんめんどくさっ

とも思われずに視覚的に「おれはこれが好きなんや」とアピールできるのは服ならではの強みです。スイーツ系(笑)みたいな言葉が廃れていって久しいですが、甘々な趣味であることをわざわざ人とコミュニケーションをとらずに一方的にわからせる力が服にはあります。

一方的にわからせるツールとして、SNSも大きな力を持っています。SNS、特にインスタなどが特に視覚的文化アピールに一役買い、服のアピール力は相対的に下がりましたが、無くなったわけではありません。現実に顔を合わすコミュニケーションはなくなりませんし、カフェでパンケーキを食っているのに服が高校の指定ジャージでは示しがつきません。

トータルコーディネートという言葉がありましたが、その要素にバーチャル(SNS)が入って、しかもデカイ部分を占めているのが今の時代で、それでもやはり他の部分もしっかりコーディネートすることでようやく自分アピに説得力が出てくるのではないでしょうか。一貫性のない行動をとると、人間は簡単にディスってきます。怖いですね。

人間が怖い話に脱線しましたが、服のメリットはやはり、文化に溶け込む手段として大きな力があることです。人は人の見た目に大変口うるさいというのはみなさん経験済みだと思いますが、それを逆手にとって自分語りをし、仲間を見つける、そう言った服によるコミュニケーションの楽しさがもっと広まると楽しいなと思います。

 

snsについてや、服の具体的な楽しみ方については今後また触れていきたいと思っているので、よろしくお願いします。読んでくださってありがとうございました。

57577

茶のブーツ 藍色ニットワンピース
真っ赤なリップ 透明な秋。



ヘッドホン思い出の曲
目を閉じて君の隣にそっと寄り添う



迷子犬 鉄塊に轢き殺された。
探していますと書かれたポスター



湯を注ぐ 窓は曇った深夜二時
ほんの数分背徳の味



何者に成れずにもがく
僕たちは何もない、ただ、ただ生きていく



多様性 現代社会 バカの壁
メイクアメリカ グレートアゲイン



おめえさん、まあるいこころもってるか?
世界じゃそれを愛とよぶんだぜ



梅雨明けの土に潜んだ死のにおい
ジジジジジジと鳴き止んでいる



やくそくだ、迎えに行くよ。
幾年も隔てて言葉未だ忘れない



掌に何度も書いた人の文字
血と肉の味 胃もたれがする



ひとりきり聴く音楽は
君の場所まで透明な僕を連れてく



見上げると蛍光灯がこときれた
換えの命を僕らは持たない



コオロギの湿った声のような夜。あなたが居ないとすこしさみしい

ファッションの敷居が高すぎる、どうにかならないか。

おしゃれは好きだけど、コレクションとかはよくわからん、そういう気持ちを持っている人は多いと思います。僕もわかりません、しかし、ちょっと一回真剣に考えるか、ということで書いていきます。

 

おしゃれをする初めの動機はモテたいというシンプルなところから始まってくると思うんですが、だいたいのおしゃれな人はもはやそんなことを考えていない(と思う)。

服を着るというのは、その周辺の文化に属するという手段であり表明です。穴の空いたニットを着てたならパンクしてそうだし、スウェットならダンス、黒や紫の柄シャツとかはそういう人たちです。着物などの民族衣装などは(今の時代に着ているのを見ると)そういった側面がより強く意識される服になります。日本文化ですよ!!と主張しているわけです。要するに、服とは整えられた布ではなく、ある文化のコンテクストを人に与える装備品なのです。

そうして文化的アイデンティティを得るわけですが、それだけじゃ「好きな人たちの一人」です。まだ自分を特定するには至らない。もちろんone of them で満足する人も多いし、それになんら問題はありません、文化を表明する目的は達成されとるわけです。しかし、それに満足しない我の強い輩は差別化を図ります。個性的という称号を欲しがります。アーティストとかそういった類はそういう傾向がありますね。そのために、奇妙な色の組み合わせであったり、他の文化的意味を持つアイテムとの組み合わせであったり(例えば和服にハットを合わせるようなもの)、別の表現形式からの引用であったり(服に絵を描いてみたり)いろいろしていくわけです。素材や着心地、機能性といった要素も関わってきます。その中で、支持されなかったものは淘汰され、美しい、かっこいい、便利だとされたものは生き残る。そうして文化として複雑化、重層化していったのが今のファッションです。

自分のアイデンティティ、寄り添っている文化や、その日の気分を、持っている文化的アイテムである服を組み合わせて全体を演出する、それが毎日のおしゃれの醍醐味なのです。おしゃれ好きな人は、だいたい意識的無意識的にそういうことをしてると思います。任意の文化+任意の文化+我の強いひねりという式からおしゃれという解を導くゲームです。

 

ところで、パリコレとかそういう意味不明なやつですが、これも、無理やりシンプルに考えれば、任意の文化+任意の文化+我の強いひねり、という式が当てはまります。もちろんそれは日々のおしゃれよりもめちゃくちゃに高度で複雑ですが、究極的にはそんな感じだと思います。その融合のバランスをいじって、美しい、かっこいい、面白い、おしゃれという解を出そうとデザイナーさんが頑張っているのがコレクションの場です。なので、それがおしゃれかどうかはわからない。もちろん彼らはプロですが、失敗することだってあります。また、ある文化の人から見たらおしゃれでも、別の文化の人から見たらおしゃれじゃない、とか、究極的には個人の感性の問題になってきたりします。パリコレに出てるからファッションの最先端=おしゃれだ、でも意味不明だ、ハイファッションはわからん、と考えてしまいがちですが、そうではない。

 

ハイファッションはぱっと見何が起こっているのかわからない。僕も目を凝らしてもわかりませんでした。ただ、その正体は、文化と文化を混ぜて、時には壊したりして美しいものを発見する実験現場なのです。そう考えると、ファッションというものが面白く見えてきませんか。

 

 

。。。いい感じに区切りをつけて終わりたかったのですが、そうはいっても何と何の文化が合わさってるかとか見てわからん、尤もだと思います。僕も実はそこが全然わからず勉強中としか言えないのですが、やはり有名なカルチャーとその中での一般的なファッションの例(ストリートとかアメカジとかミリタリーとかいろいろありますね)、そこにひねりとして加えられる素材の知識(ウールやらコットンやら化学素材やら、その中でもどこ産がいいとかあります)、色彩の知識(紺色と黄色は補色なので相性がいい、みたいなもの)、そして欲を言えばひねりの例(デカイ肩やクソ長い袖とか)、他の視覚的な作品であるアートや、カルチャーに影響した思想、とかを学んでいると視点がぐっと広がるのだと思います。

そして、自分がおしゃれになることを目指す時も、個別の服がどんな文化にどんなひねりを加えたものかをまず意識して、そこから全体を組み合わせるのがいいのではないでしょうか。

長々と書きましたが、これを読んでみんなもっとおしゃれを楽しんでくれたらいいなあ、と思ってます。いろんな人に読んでほしいのでシェアしてくれたらめっちゃ嬉しい。

 

あと、かなり主観的に大雑把に書いたので、ファッションフリークの方々からすれば色々思うところがあったりするかもしれません、その時はお手数ですがご指摘いただければありがたいです。